「谷重喜」の版間の差分

編集の要約なし
== 来歴 ==
[[File:Jinshotai.jpg|thumb|400px|'''[[迅衝隊]]'''(前列左から[[伴権太夫]]、[[板垣退助]](中央)、[[谷乙猪]](少年)、[[山地元治|山地忠七]]。 中列左から、[[谷重喜]]、[[谷干城]](襟巻をして刀を持つ男性)、[[山田平左衛門]](刀を立てて持つ恰幅の良い男性)、[[吉本祐雄|吉本平之助祐雄]]。 後列左から、[[片岡健吉]]、[[真辺正精]]、西山 榮、[[北村重頼]]、別府彦九郎)]]
*[[1843年]](天保14年)、谷神佐衛門重昌の嫡男に生まれ
*明治[[戊辰戦争|戌辰の役]]では[[土佐藩]][[迅衝隊]]の四番小隊長として東征し、甲府、今市、会津と転戦し数々の功をあげた。
*[[1870年]](明治3年){{年代要検証|date=2010年11月|西暦年|明治|3}}陸軍大佐になり、大阪[[鎮台]]の[[参謀]]長に。
*[[1874年]](明治7年)[[佐賀の乱]]にあたり[[林有造]]の挙兵計画の相談に対し政府の職にある故申し出を断った。乱のあと下野する。
 
*明治[[戊辰戦争|戌辰の役]]では[[土佐藩]][[迅衝隊]]の四番小隊長として東征し、甲府、今市、会津と転戦し数々の功をあげた。
*[[板垣退助]]を助け[[立志社 (政治団体)|立志社]]に入り[[自由民権運動]]に挺身し、[[1877年]](明治10年)立志社の副社長になった。
 
*[[西南戦争|西南の役]]では林有造らの挙兵計画に賛同し、禁獄1年の刑に処せられた。
*[[1870年]](明治3年){{年代要検証|date=2010年11月|西暦年|明治|3}}陸軍大佐になり、大阪[[鎮台]]の[[参謀]]長に任ぜられる
*[[1881年]](明治14年)10月板垣退助が[[自由党 (日本 1881-1884)|自由党]]を結成するやその結成に尽力し、『[[自由新聞]]』の会計を司り、[[1882年]](明治15年)~[[1883年]](明治16年)板垣退助の外遊の不在中、自由党総理の職を依嘱され代行する。
 
*[[1886年]](明治19年)山内家の家来となったが翌[[1887年]](明治20年)死去。
*[[1874年]](明治7年)[[佐賀の乱]]にあたり[[林有造]]の挙兵計画の相談に対し政府の職にある故申し出を断った。乱のあと下野する。
 
*[[板垣退助]]を助け[[立志社 (政治団体)|立志社]]に入り[[自由民権運動]]に挺身し、[[1877年]](明治10年)立志社の副社長になった就任する
 
*[[西南戦争|西南の役]]では林有造らの挙兵計画に賛同し、禁獄1年の刑に処せられた。
 
*[[1881年]](明治14年)10月板垣退助が[[自由党 (日本 1881-1884)|自由党]]を結成するやその結成に尽力し、『[[自由新聞]]』の会計を司り、[[1882年]](明治15年)~[[1883年]](明治16年)板垣退助の外遊の不在中、自由党総理の職を依嘱され代行する。
 
*[[1886年]](明治19年)山内家の家来となったが翌[[1887年]](明治20年)死去。
 
== 家系 ==
谷家は、[[大神]]姓。[[長曾我部氏]]の旧臣で、[[土佐藩]]の[[上士]]の家柄。谷重喜(神兵衛)は、土佐藩上士・谷神右衛門家の第11代目の嫡流当主。[[戊辰戦争]]の際、[[迅衝隊]]に共に加わった[[谷干城]]は遠縁の親族にあたる。谷重喜は、谷神右衛門家の第4代目の谷重元(神兵衛)の嫡男谷重正(弥太郎)の直系の五世孫である。
谷重元の三男[[谷重遠]](秦山)は別家を興し、秦山の孫谷好井(萬六)の嫡男谷好圓(丹作)が秦山家の第4代目の当主を継いだ。さらに谷好圓の弟、谷景井(萬七)が分家して一家<ref>谷神右衛門家の分家(秦山流)のさらに分家にあたる。</ref>を興したのが[[谷干城]]の父にあたる。[[谷干城]]は、谷景井の四男で、三人の兄が相次いで夭逝したので、その後を継いだ。干城の後を継いだ養子の[[谷乙猪]]は、谷重喜(谷家・嫡流)の実弟にあたる。
 
*父:谷重昌(神佐衛門)
**本人:'''谷重喜'''(神兵衛)
**弟:谷重中
**重中の妻:[[板垣退助]]の長女 兵(のち離婚)
**弟:[[谷乙猪]]([[谷干城]]の養子となる)
**弟:谷流水
 
== 補注 ==
匿名利用者