「予算線」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
 
編集の要約なし
'''予線(よさんせん)'''
 
予讃線とは「予算制約式」とも呼ばれる、[[消費者]]が[[財]]・[[サービス]]を購入する上で制限となるものである。
予算線とは「[[予算制約式]]」を、[[財]]・[[サービス]]の消費量と[[財価格]]のグラフ上に描いた直線である。
消費者は、制限がなければ果てしなく自己の[[効用]]を上げようとするだろう。しかしながら、消費者一人一人が持ちうるお金には必ずしも上限が決まっている。この上限の下、消費者は自己の効用を最大化するような財・サービスの組み合わせを決定する。
これが[[無差別曲線]]と接する点において、[[消費者]]の[[効用最大化]]が実現される。
 
消費者は、制限がなければ果てしなく自己の[[効用]]を上げようとするだろう。
しかしながら、消費者一人一人が持ちうるお金には必ずしも上限が決まっている。
この上限の下、消費者は自己の効用を最大化するような財・サービスの組み合わせを決定する。
このような制限を、経済学的には予算制約と言う。
匿名利用者