「忠清南道」の版間の差分

道庁移転
m (ロボットによる 追加: mn:Өмнөд Чүнчон)
(道庁移転)
'''忠清南道'''(チュンチョンナムド、ちゅうせいなんどう)は、[[大韓民国]]中部(朝鮮半島中西部よりやや南)<!--韓国憲法上は北朝鮮も韓国領になっているため、朝鮮半島全体から見た位置も併記しました -->に位置する行政区。現在の道知事は[[安熙正]]。[[1896年]]、勅令第36号で[[朝鮮八道]]における[[忠清道]]の西半分を「忠清南道」と定めた。[[1945年]]以降は大韓民国の行政区となり、現在に至る。通常は'''忠南'''と略される。
 
かつて忠清南道の一部であった大田市は[[1989年]]に「大田広域市」として分離したが、依然として道庁は[[大田広域市]]に所在している。[[長項線]]沿線の[[礼山郡]](議会)と[[洪城郡]](本館)にまたがる地域に道庁を移転する計画がある。
 
[[2004年]]、韓国の行政首都の燕岐・公州地区への移転が決定されたものの、憲法裁判所でこの決定を違憲とする判決が出たが、政府は[[遷都]]ではなく、行政機能の一部移転であるとしている。
53,380

回編集