「三好宗渭」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''三好 政康'''('''みよし まさやす'''、[[享禄]]元年([[1528年]]) - [[慶長]]20年[[5月7日 (旧暦)|5月7日]]([[1615年]][[6月3日]]))は[[三好政長]]の子で[[三好政勝]]の兄(ただし、政長の子でないとする説もある)。出家後の名は、三好入道清海。
 
[[三好三人衆]]の一人であり、父の死後、[[細川晴元]]の家臣として[[三好長慶]]と戦ったこともあるが、やがて長慶に臣従して、その家臣となり、有能な前線指揮官として活動した。