「トゥイストー」の版間の差分

 
つまりその語が現在の[[ドイツ語]]の'''Zwitter'''(「双生児」もしくは「陰陽両性者」)に該当すると考える説である。<ref name=a />
何人かの研究者は、これが[[両性具有半陰陽|両性具有者]]の存在を説明することを示唆している。
さらに仮説を進めるならば、もし両性具有だとすれば、トゥイストーは北欧神話に登場する原[[巨人 (伝説の生物)|巨人]][[ユミル]]と同一の存在であり得る。
ユミルも、1人で巨人の血統を生み出したいわば両性具有者であった。
匿名利用者