「トゥナイト (テレビ番組)」の版間の差分

 
== 概要 ==
過去にテレビ朝日が制作・放送していた『[[23時ショー]]』の流れを汲む[[深夜番組]]として放送開始。
過去にテレビ朝日が制作・放送していた『[[23時ショー]]』の流れを汲む[[深夜番組]]として放送開始。『23時ショー』と同様に[[情報番組]]の要素と[[バラエティ番組]]の要素双方を併せ持っていたが、この番組は情報面をより強化した内容で放送されていた。司会は、番組放送開始から終了まで一貫して作家の[[利根川裕]]が務めた。週4日編成で、基本的には55分番組として放送されていたが、1985年9月11日にロス疑惑の[[三浦和義]]が逮捕されたのを受け、緊急報道特別番組の形で35分延長し、1時間30分の放送を行ったことがある。
 
過去にテレビ朝日が制作・放送していた『[[23時ショー]]』の流れを汲む[[深夜番組]]として放送開始。『23時ショー』と同様に[[情報番組]]の要素と[[バラエティ番組]]の要素双方を併せ持っていたが、この番組は情報面をより強化した内容で放送されていた。司会は、番組放送開始から終了まで一貫して作家の[[利根川裕]]が務めた。週4日編成で、基本的には55分番組として放送されていたが、1985年9月11日にロス疑惑の[[三浦和義]]が逮捕されたのを受け、緊急報道特別番組の形で35分延長し、1時間30分の放送を行ったことがある。
番組は、放送開始から半年後に始まった映画監督の[[山本晋也]]による[[風俗街]]リポートで山本がリポート時に発していた「ほとんどビョーキ」というフレーズは、当時の[[流行語]]にもなった。他方、「未成年の性犯罪」、「薬物汚染問題や[[ロス疑惑]]」、「[[豊田商事]]の[[永野一男]]会長の殺害事件」、「[[日航機墜落事故]]」(1985年)など、政治・事件・事故など社会的に関心の強い硬派な内容にも積極的な取材を続けたため、ワイドショーの特性を生かしたニュース性も強みがあり、終期にはバラエティ番組の色彩を強くしていた『11PM』とは異なり、ナイトショーとしての制作スタンスを頑なに守り続けた。また、初期においては[[田原総一朗]]などによる政治討論の企画もしばしば組まれており、現在放送中の『[[朝まで生テレビ!]]』のような田原司会の討論番組の土壌を築いた番組でもあった(この事が関係してか、『朝生』の第1回目では利根川が討論司会を務めていた)。
 
番組は、放送開始から半年後に始まった映画監督の[[山本晋也]]による[[風俗街]]リポートで山本がリポート時に発していた「ほとんどビョーキ」というフレーズは、当時の[[流行語]]にもなった。他方、「未成年の性犯罪」、「薬物汚染問題や[[ロス疑惑]]」、「[[豊田商事]]の[[永野一男]]会長の殺害事件」、「[[日航機墜落事故]]」(1985年)など、政治・事件・事故など社会的に関心の強い硬派な内容にも積極的な取材を続けたため、ワイドショーの特性を生かしたニュース性も強みがあり、<!--終期にはバラエティ番組の色彩を強くしていた『11PM』とは異なり、-->ナイトショーとしての制作スタンスを頑なに守り続けた。また、初期においては[[田原総一朗]]などによる政治討論の企画もしばしば組まれており、現在放送中の『[[朝まで生テレビ!]]』のような田原司会の討論番組の土壌を築いた番組でもあった(この事が関係してか、『朝生』の第1回目では利根川が討論司会を務めていた)。
 
番組は13年半にわたって放送され続けたが、1994年4月4日に『[[トゥナイト2]]』と題してリニューアルされた。
5,254

回編集