「メガミマガジン」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
他社からも萌えアニメ中心のコンセプトを持つ類似誌が増刊や[[ムック (出版)|ムック]]として刊行されたものの、[[角川グループパブリッシング]]の『[[娘TYPE]]』が2011年1月時点で存続している以外はいずれも比較的短命に終わっている。
 
[[20032005年]]辺り4月号までは[[アダルトアニメ]]の紹介コーナーが設けられており、女性キャラクターの乳首が露出した場面が掲載されていた上、作品によってはポスターも付けていたほどであるが、それ以降は廃止されている。[[アダルトゲーム]]の紹介は継続されているが、性的な場面は掲載していない。
 
[[2008年]]9月号で通巻100号を達成。[[2009年]]10月に学研グループの組織再編が行われたことに伴い、[[学研パブリッシング]]が発行元となる。また、同年で創刊10周年を迎えた。