「アレクサンドル・ガウク」の版間の差分

編集の要約なし
{{Portal クラシック音楽}}'''アレクサーンドル・ワシーリエヴィチ・ガーウク'''({{lang-ru|'''Алекса́ндр Васи́льевич Га́ук'''}} / '''''Aleksandr Vassilievich Gauk''''', [[1893年]][[8月15日]] [[オデッサ]] - [[1963年]][[3月30日]] [[モスクワ]])は、[[ウクライナ]]出身の[[ソ連邦]]の[[指揮者]]・[[作曲家]]。[[エフゲニー・ムラヴィンスキー]]や[[アレクサンドル・メリク=パシャーエフ]]、コンスタンチン・シメオノフ、エドゥアルド・グリクロフ、[[:en:Nikolai Rabinovich|ニコライ・ラビノヴィチ]]、[[エフゲニー・スヴェトラーノフ]]、ゲンナジー・プロヴァトロフらとともに、戦後の[[ソ連]]楽壇において指導的役割を果たした。[[ピョートル・チャイコフスキー|チャイコフスキー]]や[[ムソルグスキー]]の[[管弦楽曲]]を得意としたが、[[アレンスキー]]や[[プロコフィエフ]]、[[アラム・ハチャトゥリアン|ハチャトゥリアン]]、[[ショスタコーヴィチ]]などの作品も演奏・録音した。厖大な数の録音を遺したにもかかわらず、現在のところ入手できる音源は限られている。
 
== 略歴 ==
匿名利用者