「日本暗殺秘録」の版間の差分

必要な情報を戻しました。
m
(必要な情報を戻しました。)
{{Infobox Film
|作品名 = {{PAGENAME}}
|原題 = Memoir of Japanese Assassinations<br />Assassination Right Or Wrong
|原題 =
|画像 =
|画像サイズ =
|画像解説 =
|監督 = [[中島貞夫]]
|脚本 = [[笠原和夫 (脚本家)|笠原和夫]]<br />中島貞夫
|原案 =
|原作 = 鈴木正 『暗殺秘録』
|撮影 = 吉田貞次
|編集 = 神田忠雄
|製作会社 = {{flagicon|JPN}} [[東映]]
|配給 = {{flagicon|JPN}} 東映
|公開 = {{Flagicon|JPN}} [[1969年の日本公開映画|1969年]][[10月15日]]
|上映時間 = 142分
|製作国 = {{JPN}}
|次作 =
}}
『'''{{PAGENAME}}'''』 (にほんあんさつひろく、英題:''Memoir of Japanese Assassinations'' or ''Assassination Right Or Wrong'' ) は、[[1969年]][[10月15日]]に封切り公開された[[日本映画]]。[[色|カラー]]・[[画面アスペクト比#スコープ・サイズ|シネマスコープ]]、142分
 
[[主演]] : [[千葉真一]]、[[映画監督|監督]] : [[中島貞夫]]、[[製作]][[映画配給|配給]] : [[東映]]。
[[オールスター|オールスターキャスト]]で、[[幕末]]・[[明治]]・[[大正]]・[[昭和]]四代に起こった様々な暗殺を描き、[[オムニバス]]映画として製作された。同年の[[京都市民映画祭]]では[[千葉真一]]が演技賞を、[[笠原和夫 (脚本家)|笠原和夫]]が脚本賞を受賞した。
 
[[オールスター|オールスターキャスト]]で、[[幕末]]・[[明治]]・[[大正]]・[[昭和]]四代に起こった様々な暗殺を描き、[[オムニバス]]映画として製作された。同年の[[京都市民映画祭]]では[[千葉真一]]が演技賞を、[[笠原和夫 (脚本家)|笠原和夫]]が脚本賞を受賞した。
 
== 解説 ==
596

回編集