「創元社」の版間の差分

編集の要約なし
*[[1925年]] 出版部門としての創元社創立、本社を西区靭上通りに移転。社長は矢部良策(1897-1973)。小林茂が入社。
*1933年 [[谷崎潤一郎]]『[[春琴抄]]』を刊行、ベストセラーとなる。以後谷崎の著書を多く刊行。
*1936年 [[小林秀雄 (批評家)|小林秀雄]]訳の[[アラン]]『精神と情熱とに関する八十一章』を刊行、小林を編集顧問とする。[[北条民雄]]『いのちの初夜』を刊行。
*1937年 創元選書の刊行を始め、[[柳田國男]]、小林秀雄らの著作を入れて当たる。
*1938年 [[川端康成]]編『北条民雄全集』を刊行(のち東京創元社が引き継ぐ)
匿名利用者