「貴婦人の和約」の版間の差分

編集の要約なし
'''貴婦人の和約'''([[フランス語|仏]]:'''Paix des Dames''';[[ドイツ語|独]]:'''Damenfriede''')は、[[1529年]][[8月3日]]<ref>[[柴田三千雄]](他)編『世界歴史大系 フランス史2』[[山川出版社]]、P80</ref>に[[神聖ローマ皇帝]]([[ハプスブルク君主国]]および[[スペイン]])と[[フランス王国|フランス]]との間で結ばれた、[[イタリア戦争]]の一環である{{仮リンク|コニャック同盟戦争|en|War of the League of Cognac|label=コニャック同盟戦争}}を終結させるための講和条約。'''カンブレーの和約'''(仏:'''Paix de Cambrai''';独:'''Friede von Cambrai''')とも呼ばれる。
 
== 概要 ==
戦争の当事者ではなくその女性親族が交渉に当たり、条約を締結させたことからこの呼び名がある。すなわち「貴婦人」とは、神聖ローマ皇帝[[カール5世 (神聖ローマ皇帝)|カール5世]]の叔母のネーデルラント女総督[[マルグリット・ドートリッシュ|マルグリット]]大公女と、フランス王[[フランソワ1世 (フランス王)|フランソワ1世]]の母[[ルイーズ・ド・サヴォワ]]を指している。犬猿の仲の当事者同士が顔を合わせようとしなかったため、彼らの母と叔母が代わりに[[カンブレー]]での直接交渉に出向く事態となった。マルグリットはルイーズの弟の[[サヴォイア公国|サヴォイア]]公[[フィリベルト2世・ディ・サヴォイア|フィリベルト2世]]の未亡人だったため2人は義姉妹だったが、交渉の場では激しい応酬を繰り広げた<ref>J・オリュー『カトリーヌ・ド・メディシス』(上)[[河出書房新社]]、1990年、P83</ref>。
 
結ばれた条約では、[[ハプスブルク家]]の[[イタリア]]における優位が決定づけられた。内容は1526年の[[マドリード条約 (1526年)|マドリード条約]]をほぼ踏襲する形となっていた。フランス王はイタリアの諸地方([[ジェノヴァ共和国]]、[[ミラノ公国]]、[[ナポリ王国]])に対する相続請求、並びに[[フランドル]]、[[アルトワ]]、[[トゥルネー]]の宗主権を放棄した。ミラノ公国とナポリ王国はカール5世の統治下に置かれることになった。この他、フランスはカール5世が[[イングランド]]から提供された戦争のための借金を肩代わりすること、フランス王室が没収した[[シャルル3世 (ブルボン公)|ブルボン大元帥]]の財産を正当な相続人に返還し、大元帥の支持者たちに対する監禁を解くことなどが決まった<ref>オリュー、P84。ただし条約締結に伴って解体されたブルボン公領の大部分は、その後もフランス王領に留まっている。</ref>。
 
フランス側の利益となる取り決めもなされた。カール5世の政府の監視下に置かれて[[マドリード]]で人質生活を送っていたフランソワ1世の2人の息子、[[フランソワ3世 (ブルターニュ公)|フランソワ]]と[[アンリ2世 (フランス王)|アンリ]]が、200万エキュの身代金と引き換えに解放された。また1477年以降、フランスが領有していた[[ブルゴーニュ公国|ブルゴーニュ公領]]に関しては、カール5世側が相続請求権を放棄してフランスの領有権を認めることになった<ref>柴田、P81</ref>。