「妥当性」の版間の差分

Pisasiburi55 (会話) による ID:46442091 の版を取り消し
(Pisasiburi55 (会話) による ID:46442091 の版を取り消し)
'''妥当性'''({{lang-en-short|Validity}})は、[[演繹]]的[[論証]]が持つ論理的特性であるが、一般に任意の文に対して使われる(ここでいう文とは、真か偽かという[[真理値]]を持つものをいう)。ここでは、'''論証'''を文の集まりとし、そのうちの1つの文が結論で残りは前提であるとする。前提とは、結論が(おそらく)真であると示す根拠である。
 
論証の結論が「確かに」真であるとされている場合、その論証は[[演繹]]的である。結論が「おそらく」真であるとされている論証は[[帰納]]的であると言われる。ある論証が'''妥当'''であるとは、結論が正しく前提から導き出されることを意味する。すなわち、妥当な論証であれば、真の前提から偽の結論が導き出されることはあり得ない。次のような定義が方、前提に偽が般的でる場合には、真・偽どちらの結論も導き出されうる。
次のような定義が一般的である。
 
* 論証が「演繹的に妥当」であるとは、前提がすべて真で、かつ結論が偽となることがないことをいう。
 (言いかえれば「前提が真ならば、結論が真」)
 
妥当でない論証は「不当; invalid」である。
3

回編集