「真正担子菌綱」の版間の差分

編集の要約なし
}}
 
'''真正担子菌綱'''(しんせいたんしきんこう)は[[担子菌門]]、[[菌蕈亜門]]の菌類。'''ハラタケ綱'''とも。きのこが多いが、そうでないものもある。
'''真正担子菌綱'''(しんせいたんしきんこう)は[[担子菌門]]、[[菌蕈亜門]]の菌類。'''ハラタケ綱'''とも。きのこが多いが、そうでないものもある。真正担子菌綱は16,000の種が知られ、これは知られている担子菌類のうち53%にあたる。この種はヒベットとトルン<ref>{{cite book | author = Hibbett, D.S. & R.G. Thorn | editor = McLaughlin, D.J. ''et al.'' (eds) | title = The Mycota, Vol. VII. Part B., Systematics and Evolution | pages = 121–168 | location = Berlin | publisher = Springer-Verlag}}</ref>) に真性担子菌類として大まかに分類され、[[キクラゲ目]]と[[ロウタケ目]]を含んでいた。[[ハラタケ亜綱]]という亜綱を持っており、また黒穂病や[[サビキン目]]を含んでいる。<ref>{{cite journal | author=Hibbett, D.S., ''et al.'' | month=March | year=2007 | title=A higher level phylogenetic classification of the Fungi| journal=Mycol. Res. | volume=111 | issue=5 | pages=509–547 | doi=10.1016/j.mycres.2007.03.004}}</ref> 同担子菌綱は分類学の推進によってゼラチン質のきのこを多く含む[[シロキクラゲ菌綱]]、[[アカキクラゲ菌綱]]がはずされた。しかしながら、ゼラチン質のきのこのうち[[キクラゲ目]]は真正担子菌綱とされていた。(現在、キクラゲ目は[[異型担子菌綱]]に分けられることもある。)
 
==内容==
とは言え過去には、子実体やキノコの形態学は、早期の真正担子菌綱分類に基づいており、腹菌類と真正担子菌綱を別々のものとみていた。<ref>Fries EM. (1874). ''Hymenomycetes Europaei''. Upsaliae.
'''真正担子菌綱'''(しんせいたんしきんこう)は[[担子菌門]]、[[菌蕈亜門]]の菌類。'''ハラタケ綱'''とも。きのこが多いが、そうでないものもある。真正担子菌綱は16,000の種が知られ、これは知られている担子菌類のうち53%にあたる。この分類群はヒベットとトルン<ref>{{cite book | author = Hibbett, D.S. & R.G. Thorn | editor = McLaughlin, D.J. ''et al.'' (eds) | title = The Mycota, Vol. VII. Part B., Systematics and Evolution | pages = 121–168 | location = Berlin | publisher = Springer-Verlag}})</ref>)よるHomobasidiomycetes(真性担子菌類して大まかに分類されは同じで、[[キクラゲ目]]と[[ロウタケ目]]を含んでい[[ハラタケ亜綱]]この分類群は一般的なキノコ類だけでなく、以前には腹菌類いう亜綱されたもの持っており含み、また[[黒穂病菌]]や[[サビキン目]]を含んでいる<ref>{{cite journal | author=Hibbett, D.S., ''et al.'' | month=March | year=2007 | title=A higher level phylogenetic classification of the Fungi| journal=Mycol. Res. | volume=111 | issue=5 | pages=509–547 | doi=10.1016/j.mycres.2007.03.004}}</ref> 同担子菌綱は分類学の推進によってゼラチン質のきのこを多く含む[[シロキクラゲ菌綱]]、[[アカキクラゲ菌綱]]がはずされたしかしながら、ゼラチン質のきのこのうち[[キクラゲ目]]は真正担子菌綱とされていた。(現在、キクラゲ目は[[異型担子菌綱]]に分けられることもある。)
</ref>しかし、真正担子菌の一種がホコリタケ属の一種に独自に進化した際にこういう認識ではなくなった。しかしながら多くのキノコ採集の本では現在でも[[ホコリタケ属]]や腹菌類は別の分類になっている。これは[[エリーアス・フリース|フリース]]の分別が現在でもキノコの分類に便利であるためである。同様に、現在でも腹菌類の[[ホコリタケ目]]は[[ハラタケ目]]と[[スッポンタケ目]]で分かれている
 
真正担子菌綱は分類学の推進によってゼラチン質のきのこを多く含む[[シロキクラゲ菌綱]]、[[アカキクラゲ菌綱]]がはずされた。しかしながら、ゼラチン質のきのこのうち[[キクラゲ目]]は真正担子菌綱とされていた。(現在、キクラゲ目は[[異型担子菌綱]]に分けられることもある。)
 
とは言え過去には、子実体やキノコの形態学は、早期の真正担子菌綱分類づいており礎とされ、腹菌類と真正担子菌綱を別々のものとみていた<ref>Fries EM. (1874). ''Hymenomycetes Europaei''. Upsaliae.
</ref>しかし、真正担子いわゆるじん類(普通一種がホコリタケ属姿一種キノコ)と腹菌類は、今では自然分類とは考えられていない。明らか、腹菌類の菌類は、いわゆるキノコ型の菌からそれぞれ独自に進化した際にこういう認識ものはなくなったある。しかしながら多くのキノコ採集の本では現在でも[[ホコリタケ属]]や腹菌類は普通のキノコとは別の分類になっている。これは[[エリーアス・フリース|フリース]]の分別が現在でもキノコ、子実体便利であるためである。同様に、現在でも腹菌類の[[ホコリタケ目]]は[[ハラタケ目]]と[[スッポンタケ目]]で分かれている
 
属する全ての種属が胞子を抱える襞を持っている。数ミリメートルの小さな傘から一メートル以上の傘を持つものまであり、最大級のものになると130kgに及ぶ。また、このグループはほぼ間違いなく最大で最古の単一の生命体である。[[ワタゲナラタケ]]の個体には菌糸が15万km<ref>2</ref>に伸びており、重さは1万kg、年齢は1500年に至るものが見つかっている。<ref>{{cite journal | author=Smith, M. et al.|year=1992| title= The fungus Armillaria bulbosa is among the largest and oldest living organisms| journal=Nature| volume=356| pages=428–431| doi= 10.1038/356428a0}}</ref>
28,698

回編集