「Dpi」の版間の差分

編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 24 件をウィキデータ上の d:q305896 に転記)
[[プリンター]]や[[スキャナ]]の性能表示として用いられる。また、プリントサイズと対にする事で[[コンピュータ]]上で用いる[[画像]][[データ]]の精度を表す単位としても用いられる。
 
通常、良好な視認結果を得られるドット密度としては、[[ブラウン管|CRT]]や[[LCD]]においては72~96程度、印刷物においては最低でも300~350dpiほど300以上が必要であるとされる。これは提示する内容にも依存する。例えば、漢字の字形は英語のアルファベットよりも緻密であるため、視認性を高めるには高い解像度が必要となる。
 
印刷物に用いるデータのdpiが低い場合は、実際に印刷した場合にジャギー・ないしはボケとなって現れるため、「コンピュータの画面で見た場合はちょうどよく見えても、印刷してみるとボケて見える」といった事態を招くことになる。
匿名利用者