「岸本由豆流」の版間の差分

m
(旧暦換算)
m (→‎人物: +lk)
国学者・[[村田春海]]の門に入り、国学を学ぶ<ref name="kogaku" /><ref name="con" />。早くに家業の弓弦師を長男に譲って退隠し、考証・著作に専念したという<ref name="kogaku" /><ref name="con" />。著書に『万葉集考証』『土佐日記考証』『後撰集標注』などがある<ref name="kogaku" /><ref name="con" />。蔵書が3万巻に及んだという典籍の収集家でもあった<ref name="kogaku" /><ref name="con" />。
 
晩年は、[[浅草]][[聖天町]]に住み、[[狩谷エキ斎]]、[[市野迷庵]]、[[村田了阿]]、[[北静盧]]らと交友した<ref name="kogaku" />。弘化3年(1846年)閏5月17日、死去<ref name="kogaku" /><ref name="con" />。浅草の誓願寺塔頭[[田島山十一ヶ寺#林相院|林相院]]に葬られた<ref name="kogaku" />。
 
== 脚注 ==