メインメニューを開く

差分

m
→‎解説: 細部の加筆。
1968年[[12月19日]]に[[東京映画]]製作、[[東宝]]系で公開された。
 
監督は、[[ザ・スパイダース]]主演のGS映画『にっぽん親不孝時代』(1968年)で監督デビューし、本作が2作目となた山本邦彦。
 
[[脚本]]は一連の[[ハナ肇とクレージーキャッツ|クレージーキャッツ]]主演映画や[[若大将シリーズ]]、[[たのきんトリオ]]主演の青春グラフティ スニーカーぶるーす([[1981年]])やグッドラックLOVE(1981年)などアイドル映画多数手がけている[[田波靖男]]。
 
[[撮影]]は、青春の門([[1975年]])や青春の門  自立編([[1977年]])などを手がけた村井博が担当している。
 
本作では、レコード音源と異なる演奏が多く、バンドとしての魅力を堪能することが出来る。
 
当時、本作の[[サウンドトラック|サウンド・トラック]]盤はリリースされなかったが、サウンド・トラックを編集した形で、想い出の映画サントラのすべて([[コンパクトカセット|カセット・テープ]]のみ)として、[[1982年]]にアポロン音楽工業からリリースされている。
 
また、[[2002年]]には[[コンパクトディスク|CD]]化され、[[ユニバーサルミュージック (日本)|ポリドール]]からザ・タイガース レア&モアコレクションII ~オリジナル・サウンドトラック編~(THE TIGERS RARE & MORE COLLECTION II ORIGINAL SOUNDTRACKS)として再リリースされている。
 
[[ザ・タイガース 世界はボクらを待っている]]に続いて[[久美かおり]]が、ヒロイン・瀬戸口久美子役で出演。また、久美子のルームメイト・マリ役として、[[小山ルミ]]が共演している。
 
== あらすじ ==
4,055

回編集