「奈良原浩」の版間の差分

m
編集の要約なし
(全体に加筆、出典を強化)
タグ: サイズの大幅な増減
m
{{by|1998年}}は開幕当初は二塁手、遊撃手の守備固めとして起用されていたが、打撃不振に陥った[[金子誠]]に代わってスタメンで起用されると3割を超える打率をマークし、5月19日から2番・二塁手のレギュラーに定着した<ref name="base_19981026_60">「新天地1年目を振り返る 奈良原浩 念願のシーズンフル出場も『喜び』と『悔しさ』の1年」『週刊ベースボール』、1998年10月26日号、P.60</ref>。その後、右肩を痛めた[[田中幸雄_(内野手)|田中幸雄]]が6月下旬から一塁手にコンバートされたため、2番・遊撃手となっている<ref name="base_19981026_60"/>。夏場は体調維持に苦しんだが、自身初の[[規定打席]]に到達し、[[ビッグバン打線]]の中で貴重なつなぎ役となった<ref name="number_19980730_153"/><ref name="base_19981026_60"/>。同年はリーグ2位の30盗塁、同5位の[[出塁率]].388を記録し<ref name="mainichi_19981124">毎日新聞、1998年11月24日付朝刊、埼玉地方面</ref>、年俸は2,600万円増の7,400万円(推定)となっている<ref>読売新聞、1998年12月1日付朝刊、P.25</ref>。
 
{{by|1999年}}は田中が遊撃手に戻り、自身は守備固めなどでの起用が増えた。{{by|2000年}}は田中や金子の故障をカバーする働きを見せ、チームの優勝争いを巧な守備などで支えた<ref>読売新聞、2000年9月24日付朝刊、P.16</ref>。オフには[[フリーエージェント_(日本プロ野球)|FA]]の権利を行使し、複数年契約で残留している<ref>毎日新聞、2000年11月9日付朝刊、P.23</ref>。
 
{{by|2002年}}には監督の[[大島康徳]]から指名され、主将に就任した<ref name="base_20021021_58"/>。同年は遊撃手のレギュラーとして期待され<ref>読売新聞、2002年2月23日付朝刊、P.18</ref>、オープン戦では打率.412の好成績を残している<ref name="base_20021021_57"/>。しかし、シーズンに入るとストライクゾーンの拡大によって待球が難しくなった事もあり、打撃不振に陥った<ref name="base_20021021_57"/>。また、[[札幌市]]への本拠地移転計画の発表や[[日本ハム]]本社の[[牛肉偽装事件]]などがあってチームの動揺を防ぐのに苦労したほか、4月には父が亡くなっている<ref name="base_20021021_56"/>。オフには400万円減の年俸6,800万円(推定)で契約を更改した<ref>毎日新聞、2002年12月5日付朝刊、P.19</ref>。[[木元邦之]]の成長などもあって出場機会は徐々に減り、{{by|2005年}}オフには翌年の年俸半減もしくは自由契約とすることを通告されている<ref>朝日新聞、2005年9月30日付朝刊、P.21</ref>。