「イラクサ」の版間の差分

編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 43 件をウィキデータ上の d:Q155909 に転記)
|英名 =
}}
'''イラクサ'''(刺草・蕁麻、英名nettle:nettle、学名''Urtica thunbergiana'')とは、[[イラクサ科]][[イラクサ属]]の[[多年生植物]]の一種、または総称。多年生植物で30~50cmの高さになり、茎は四角く、葉と茎に刺毛がある。6月から9月にかけて葉腋から円錐形に緑色の花をつける
多年生植物で30~50cmの高さになり、茎は四角く、葉と茎に刺毛がある。6月から9月にかけて葉腋から円錐形に緑色の花をつける。
 
== 名前 ==
「イラクサ」は''Urtica thunbergiana''の[[標準和名]]である。ヨーロッパや北米の近縁種[[セイヨウイラクサ]] ({{snamei||Urtica dioica}})(英名Stinging:Stinging nettle)も「イラクサ」と訳されることが多いが、日本に野生するイラクサとは別種である。
 
また、若芽が山菜として利用される[[ミヤマイラクサ]]も、時として「イラクサ」と称されることがあるが、ミヤマイラクサはムカゴイラクサ属(Laportea) (Laportea) であり、イラクサとは別属である。
 
日本でもイラクサの[[方言]]は多く、アイコ(アエコ)、イラナ(イラ)、アエダケ(アイダケ・エダケ)など、地域によって呼び名が変わる。イタイタグサともイラグサとも呼ばれる。
 
== 特徴 ==
夏から秋にかけ、緑白色の雄花と淡緑色の雌花が咲く。茎や葉の表面には毛のようなとげがある。そのとげの基部には[[アセチルコリン]]と[[ヒスタミン]]を含んだ液体の入った嚢があり、とげに触れその嚢が破れて皮膚につくと強い痛みがある。
 
関東以南の本州、四国、九州に自生し、北アメリカ、ヨーロッパにも見られる。近年では北海道でも自生する。
 
== 利用 ==
薬用部分は全草。夏から秋にかけて全草を採り、日干しして乾燥させる。近年では[[セイヨウイラクサ]]の葉を乾燥したものが「ネトル茶」などとして流通しており、「[[花粉症]]に悩む方の体質改善に」などと謳われることが多い
近年では[[セイヨウイラクサ]]の葉を乾燥したものが「ネトル茶」などとして流通しており、「[[花粉症]]に悩む方の体質改善に」などと謳われることが多い。
 
ヨーロッパのセイヨウイラクサは料理・薬用[[ハーブ]]や[[コンパニオンプランツ]]として用いられている。ロシアではスープの具としても用いられる。
皮からは、滑らかで白い色合いを持った繊維が取れる。[[アイヌ民族]]は、イラクサの繊維から織った布や着物をレタルペ(白いもの)と呼んで珍重していた。
 
== 奈良公園のイラクサ ==
奈良県にある[[奈良公園]]では、[[シカ]]による食害を防ぐために自身が「[[毒]]をもつトゲ」を多く持つように[[進化]]した、との研究結果を[[奈良女子大学]]・加藤禎孝らのグループがまとめた<ref>[http://jglobal.jst.go.jp/public/20090422/200902200488738152 イラクサの葉の外部形質の地域変異に及ぼすシカの採食の影響]</ref><ref>[http://www.fsm.affrc.go.jp/Old/joho-photo-81-100/082photo4.html イラクサ] 独立行政法人森林総合研究所関西支所</ref>。グループは、県南部などのイラクサに比べ50倍以上もトゲが多く、この特徴が[[種子]]にも受け継がれていることを確認。実際、公園内のイラクサ、県南部のイラクサでシカに食べられやすいのはどちらか、という実験を行ったところ、県南部のものは全て食べられたが、公園内のイラクサは60%60%以上も残ったという。これについて教授は「1200年という長い間に、シカに対する防御機構が進化したのだろう」と話している。
 
== その他 ==
[[セイヨウイラクサ]]は、[[ハンス・クリスチャン・アンデルセン|アンデルセン]]「[[野の白鳥]]」(グリム童話「六羽の白鳥」と似た話)に呪いを解く鍵として出て来る。
 
==関連項目 脚注 ==
{{Reflist}}
 
== 関連項目 ==
{{Commonscat|Urtica_dioica|''Urtica dioica''}}
*[[蕁麻疹]](じんましん) - イラクサ(蕁麻)の葉に触れると皮膚が腫れることから名づけられた皮膚疾患
*[[イラガ]] - 幼虫は、触ると刺激的痛みを生じる。
 
 
==外部リンク==
*[http://hfnet.nih.go.jp/contents/indiv_agreement.html?488 イラクサ属(ウルチカソウ)イラクサ - 「健康食品」の安全性・有効性情報] ([[国立健康・栄養研究所]])
*[http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/urticaceae/irakusa/irakusa.htm 植物雑学事典 イラクサ]-岡山理科大学 総合情報学部 生物地球システム学科、植物生態研究室(波田研)
 
== 外部リンク ==
==脚注==
*[http://hfnet.nih.go.jp/contents/indiv_agreement.html?488 イラクサ属(ウルチカソウ)イラクサ - 「健康食品」の安全性・有効性情報] [[国立健康・栄養研究所]]
{{reflist}}
*[http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/urticaceae/irakusa/irakusa.htm 植物雑学事典 イラクサ]- 岡山理科大学 総合情報学部 生物地球システム学科、植物生態研究室(波田研)
 
{{DEFAULTSORT:いらくさ}}
匿名利用者