「Don't Cry (新山詩織の曲)」の版間の差分

(新しいページ: '{{Infobox Single <!-- Wikipedia:ウィキプロジェクト 楽曲 をご覧ください --> | Name = Don't Cry | Artist = 新山詩織 |...')
 
前作の「[[ゆれるユレル]]」に続き、表題曲は[[笹路正徳]]がプロデュースを担当した本作は同年6月14日公開の映画「[[絶叫学級]]」主題歌<ref>[http://natalie.mu/music/news/88342 新山詩織、実写映画版「絶叫学級」の主題歌書き下ろし] ''[[ナタリー (ニュースサイト)|ナタリー]]''</ref><ref>[http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/11420 新山詩織 歌詞サイト1位&川口春奈ら出演の映画主題歌決定] ''Billboard JAPAN''</ref><ref name = ro69>[http://ro69.jp/news/detail/83675 新山詩織、新曲の先行配信を開始&カップリングにTHEATRE BROOKの“ありったけの愛”を収録] ''RO69(アールオーロック)''</ref><ref name = musicman>[http://www.musicman-net.com/artist/26530.html 新山詩織、シングル「Don't Cry」先行配信スタート&カバーセッションの詳細も] ''Musicman-NET''</ref><ref name = okmusic>[http://okmusic.jp/#!/news/22394 新山詩織、ニューシングル「Don't Cry」先行配信スタート&カップリング情報解禁 ]</ref>及び[[江崎グリコ]]「[[ポッキー]]」[[スペースシャワー]]限定コマーシャルソング。デビュー前の昨年秋に同映画の主題歌の話を受けて脚本と編集中の映像をもらい、自身の学校生活における体験と重ねあわせ、デビューに向けたドキュメンタリー映像にも拘わっていた監督の佐藤徹也と、何度か歌詞のやりとりをして書き上げた<ref name = ro69/><ref name = musicman/>。新山は表題曲について「映画の中だけではなく、普通に過ごしてても、その時の「たった一言」で何かが大きく変わってしまうのではないか、というのが映像を見させて頂いた時に一番に出てきて、凄く自分自身とリンクする部分でもあったので、この言葉をキーワードにして書きました」とコメントしている<ref name = okmusic/>。
 
カップリングは新山が[[佐藤タイジ]]に依頼して彼が所属している[[THEATRE BROOK]]「[[ありったけの愛]]」をこのバンドと共にセッションカバーをした<ref name = ro69/><ref name = musicman/>。これは、新山が高校1年生の頃から「いつか行ってみたい」と思いながら眺めていた、ロックフェスティバルのラインナップに、佐藤タイジの名前をよく見かけ、気になったのでネットで調べ、代表曲「ありったけの愛」を知る。特に様々なアーティストとのギターセッションによく参加していて、「いつか見てみたい」「いつかセッションしてみたい」と、憧れを持っていたためである<ref name = musicman/>。
 
== 批評 ==
匿名利用者