「フォーミュラチャレンジ・ジャパン」の版間の差分

|-
| 2010年||[[中山雄一]]||CITYKART FCJ
|-
| 2011年||[[勝田貴元]]||LUCK FTRS FCJ
|-
| 2012年||[[松下信治]]||HFDP/SRS-F/[[ARTA]]
|-
| 2013年|| ||
|}
<small>(注1)2006年度のシリーズチャンピオンは、1位関口雄飛(総POINT=107,有効POINT=106)と2位山本龍司(総POINT=111,有効POINT=106)が同有効POINTであった。規定により、優勝回数の多い関口がシリーズチャンピオンとなった。</small>