「山川登美子」の版間の差分

編集の要約なし
'''山川登美子'''('''やまかわとみこ'''、[[1879年]]<!--(明治12年)-->[[7月19日]] - [[1909年]]<!--(明治42年)-->[[4月15日]])は、[[歌人]]である。
 
[[福井県]]遠敷郡竹原村(現[[小浜市]])に生まれる。生家は[[小浜市]]の上級藩主の旧家筋。[[1895年]]<!--(明治28年)-->、大阪のミッションスクール梅花女学校に入学、[[1897年]]<!--(明治30年)-->同校を卒業。[[1900年]]<!--(明治33年)-->4)4月、母校の研究生となり英語を専修。この頃、「明星」の社友となった。[[1904年]]<!--(明治37年)-->、日本女子大英文科予備科に入学。[[1907年]]<!--(明治40年)-->3)3月まで在学。その間、[[与謝野鉄幹]]らがおこした新詩社に接近し、[[与謝野晶子]]らと共著『恋衣』を刊行。「白百合」と題して短歌131首を収載した。
 
----
 
== '''''《年表》''''' ==
 
明治12(1879)年 福井県遠敷郡竹原村(現[小浜市])に生まれる。
 
  27(1894)年 日清戦争開戦。
 
  28(1895)年 大阪の梅花女子学校入学。
 
  30(1897)年 梅花女子学校卒業。帰郷。短歌、初投稿、入選。
 
  33(1900)年 梅花女子学校研究生となる。英語を専修。
 
== '''''《年表》''''' ==
明治12(1879)12(1879)年 福井県遠敷郡竹原村(現[小浜市])に生まれる。
  27(1894)27(1894)年 日清戦争開戦。
  28(1895)28(1895)年 大阪の梅花女子学校入学。
  30(1897)30(1897)年 梅花女子学校卒業。帰郷。短歌、初投稿、入選。
  33(1900)33(1900)年 梅花女子学校研究生となる。英語を専修。
            『明星』に初めて短歌一首掲載する。新詩社社友となる。
 
            夏、大阪にて与謝野鉄幹、鳳晶子(後の与謝野晶子)と出会う。
 
            秋、与謝野、鳳と京都に行き、一泊。
 
            山川駐七朗と結婚。
  34(1901)34(1901)年 牛込に新居を構える。
 
  34(1901)年 牛込に新居を構える。
 
            晶子、歌集『みだれ髪』を刊行し、鉄幹と結婚。
  35(1902)35(1902)年 夫病死。
 
  37(1904)37(1904)年 日本女子大英文科予備科に入学。
  35(1902)年 夫病死。
 
  37(1904)年 日本女子大英文科予備科に入学。
 
            日露戦争開戦。
  38(1905)38(1905)年 与謝野晶子らとの共著、詩歌集『恋衣』刊行。
 
  38(1905)年 与謝野晶子らとの共著、詩歌集『恋衣』刊行。
 
            急性肝臓炎に罹り入院。
  39(1906)39(1906)年 姉の嫁ぎ先、京都で静養。
  40(1907)40(1907)年 日本女子大学中退。
  42(1909)42(1909)年 [[41515]]、死亡。
 
[[category:日本の|やまかわとみこ]]
  39(1906)年 姉の嫁ぎ先、京都で静養。
 
  40(1907)年 日本女子大学中退。
 
  42(1909)年 4月15日、死亡。
 
[[category:日本の人物|やまかわとみこ]]