「雨森信成」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 生涯 ==
1858年(安政5年)、[[福井藩]]士である松原十郎の次男として生まれた。1871年に福井藩藩校である[[藩校[[明新館]]に入学した。この年の1871年(明治4年)3月、藩主[[松平春嶽]]の招きで[[ウィリアム・グリフィス|W・E・グリフィス]]が[[化学]][[物理]]の教師として赴任してきた。
 
1873年[[廃藩置県]]により福井藩が消滅すると、雨森は横浜で[[アメリカ長老・オランダ改革派教会]]宣教師[[サミュエル・ロビンズ・ブラウン|S・R・ブラウン]]の私塾[[ブラウン塾]]で英学を学んだ。 
 
明新館が、中学になり、グリフィスの後輩である[[マーティン・ワイコフ|M.N.ワイコフ]]がグリフィスの後任として赴任したので、雨森はワイコフの通訳として呼び戻された。 
 
1873年(明治6年)に信成は元福井藩家老・雨森家の婿養子となった。しかし、ワイコフが新潟英語学校に移動したため、これに同行し、その後、[[エディンバラ医療宣教会]]の[[セオボールド・パーム|T・A・パーム]]の通訳兼助手になった。新潟でパームの助手をしている時、現地人の迫害で説教中に拉致される事件があった。この事件で頭痛に悩まされることになり、3ヶ月でブラウン塾に戻った。雨森の後任には、[[押川方義]]が志願した<ref>大西晴樹 2003年、307-309頁</ref>。
 
[[1875年]](明治8年)[[キリスト教徒]]になったことが原因で雨森家から離縁された。信成は離婚後も雨森姓を名乗り、[[メアリー・キダー]]の女学校(現・[[フェリス女学院]])の教師となる。
 
[[1877年]](明治10年)には築地の[[東京一致神学校]]の第一期生になった。[[1881年]](明治14年)、ワイコフの[[先志学校]]の教師となる。
 
後に、米国に留学して諸外国を放浪した後、西欧のキリスト教文明に失望し、キリスト教を棄教することになる。晩年は小泉八雲の親友として多くの影響を与えた。
 
[[1903年]](明治36年)には[[横浜グランドホテル]]内で[[クリーニング]]業を営んだ。
 
== 脚注 ==