「ポンド (通貨)」の版間の差分

編集の要約なし
ポンドはかつては "libra" という名称([[ラテン語]]で[[天秤]]の意味でもある)であったことから、UKポンドをはじめ多くのポンドの通貨記号は "[[L]]" の筆記体からきた "'''£'''" である。記号を互いに区別するため、£ のあと(まれに前)に国名の略記をつける。たとえば、[[キプロス・ポンド]]は £C となる(ただし、イギリスの場合は sterling の略の stg をつける)。£ は[[イタリア・リラ]]にも使用されていた(イタリアでは現在はユーロが使われている)。
 
ポンド-ドルは輸出入による為替需要が少なく取引のほとんどは投機であり、流通量が少ないためにその貨幣価値が変動しやすく、ある程度の資金力を持つトレーダー同士の激戦区となっている。別名「殺人通貨」と呼ばれるほどで、弱者の振り落としのための価格操作によりテクニカル指標を無視した値動きが頻発するため、[[FX]]では上級者向けの通貨であると言われている。(ドル-円の価格の変動幅は1日に1円程度であるが、ポンド-円の価格の変動幅は1日に5円~10円程度である)
 
== 現行通貨 ==
匿名利用者