「ウィリス・タワー」の版間の差分

編集の要約なし
|建設期間 = [[1970年]] - [[1973年]]
|使用目的 = オフィス、展望室、通信設備
|設計 = [[スキッドモア・オーウィングズ・アンド・メリル]] (SOM)
|施工 =
|所有者 = |
}}
[[ファイル:Skyscrapercompare.svg|thumb|200px|right|主要な超高層ビルの比較:左から[[ブルジュ・ハリファ]]、[[ウィリス・タワー]]、[[台北101]]、[[ペトロナスツインタワー]]、[[エンパイアステートビルディング]]]]
'''ウィリス・タワー'''([[英語]]:{{lang|Lang-en|Willis Tower}})は、[[アメリカ合衆国]][[イリノイ州]][[シカゴ]]({{ウィキ座標度分秒|41|52|44|N|87|38|9|w|type:landmark}})にある、アメリカで2番目に高い[[超高層ビル]]である。2013年に[[1 ワールドトレードセンター]]にその座を明け渡すまで、アメリカで最高層のビルだった。2009年7月より、'''シアーズ・タワー'''([[英語]]:{{lang|Lang-en|Sears Tower}})から改称。
 
== 概要 ==
屋根部分の高さ442m(アンテナ含:527m)、110階建ての威容は、1973年の完成当時は[[世界一]]の高さを誇った。2013年5月現在では、世界第10位となっている。
 
設計は著名な[[建築設計事務所]]である[[スキッドモア・オーウィングズ・アンド・メリル]] (SOM) の構造技術者、ファズラー・カーン(Fazlur Khan、1929年ダッカ生まれのバングラデシュ系アメリカ人)。鉄骨構造で外壁は黒のアルミ枠にブロンズガラスで構成された[[カーテンウォール]]となっている。高さが違う9本の四角柱を3×3に組み合わせたような形状をしている。
 
103階には展望室「スカイデッキ・シカゴ」(Skydeck Chicago) があり、エレベーターに乗れば、1分足らずで360度の大パノラマを楽しむことができる。2009年7月より、103階展望室の西側外面に、床を含めて全面ガラス張りの展望台「ザ・レッジ」(The Ledge) が設置、公開されている。
 
== 名称 ==
ファイル:Sears Tower ss.jpg|ミシガン湖から望む日没時のシアーズ・タワー
ファイル:Searstowerfromchinatown2844.JPG|シカゴ中華街から望むシアーズ・タワー
ファイル:Sears Tower17.jpg|Wacker Drive(Drive(南西方向)から望むシアーズ・タワー
ファイル:Sears Tower from Hancock Observation Deck - daytime.jpg|ジョン・ハンコック・センター展望室から望むシアーズ・タワー
ファイル:North View from the skydeck of Sears Tower.JPG|スカイデッキ(シアーズ・タワー展望室)から北東方向の眺望
ファイル:Vecerne Chicago.jpg|スカイデッキから西方向の眺望
ファイル:Chicago Sears Tower.jpg|[[シカゴ川]]から望むシアーズ・タワー
匿名利用者