「ピピン2世」の版間の差分

編集の要約なし
'''ピピン2世'''([[ドイツ語]]:'''<span lang="de">Pippin der Mittlere</span>''', [[635年]]もしくは[[640年]] - [[714年]][[12月16日]])は、[[フランク王国]]の[[宮宰]](在職:[[680年]] - [[714年]])。「'''中ピピン'''」とも呼ばれる。[[ピピン1世]](大ピピン)の娘[[ベッガ]]とその夫[[アンゼギゼル]]([[メス (フランス)|メッス]]司教アルヌルフの子)の子。
 
680年からピピンは[[アウストラシア]]、[[ネウストリア]]、[[ブルグント]]の宮宰を兼ね、徐々に[[フランク人|フランク族]]の宮廷内での権勢を増していった。[[メロヴィング朝]]の[[フランク王の一覧|フランク王]][[テウデリク3世]]は彼を排除しようとしたが失敗に終わり、以後ピピンはアウストラシアの事実上の統治者となり、ほかのフランク族たちへの影響力も維持し続けた。また宮宰職の世襲化にも成功した。