「ヤン・スマッツ」の版間の差分

編集の要約なし
 
第一次世界大戦と第二次世界大戦時にイギリスの[[元帥 (イギリス)|陸軍元帥]]となる。
当初は南アフリカ現地生まれ白人の多くがそうであるように人種間差別を擁護する姿勢をとり、黒人の解放は西洋文明の究極的崩壊につながると考えていた。1923年には、都市のはずれに黒人隔離行政区を建設し、黒人を都市から一掃する措置を首相として講じた。ユダヤ人のシオニズム運動に協力的であり、イギリスに国際連盟のパレスチナを保護領とすることを委任するようにと、そして統治決議ではバルフォア宣言を実行に移させるようにと、国連に進言しの条文が使われた。1926年に刊行している『[[ホーリズム]]と進化(Holism and Evolution)』では、生物学における個的機械主義的原子論的な姿勢を問題化して、人格的全体論的姿勢を訴えている。首相として両大戦の間の幾年間に、[[アパルトヘイト]]を進めたかった大部分の[[アフリカーナー]]に反対した。[[第二次世界大戦]]後、彼はファーガン委員会を設立した。それは、南アフリカの全ての隔離政策を放棄することを支持していた。しかしながら、スマッツが提案を実行できる以前に彼は1948年に選挙に破れアパルトヘイトの政策が実行され、1950年死去する。
 
スマッツは、第二次[[ボーア戦争]]の時指揮官として導いている。第一次世界大戦の間は[[ドイツ]]に対して南アフリカの軍隊を仕向け[[南西アフリカ]]を占拠し東アフリカでは[[イギリス軍]]を指揮した。[[1917年]]から[[1919年]]まで英国戦争内閣の一員であり[[イギリス空軍]]創設にも助力している。彼は[[1941年]]に[[イギリス軍]]の陸軍元帥となり、[[ウィンストン・チャーチル]]の下、戦時内閣にも入閣した。スマッツは[[第一次世界大戦]]と[[第二次世界大戦]]両方の平和条約に署名した唯一の人物でもある。スマッツの成果の一つとしては[[国際連盟]]の設立に係わったことも上げられる。国連憲章に前文を書いて、国際連盟と国連憲章に署名する唯一の人物でもあった。イギリスと[[イギリス連邦]]を樹立する時、いままでの関係を再検討した。
匿名利用者