「アッバース朝」の版間の差分

編集の要約なし
 
==概要==
[[イスラム教]]の開祖[[ムハンマド・イブン=アブドゥッラーフ|ムハンマド]]の叔父[[アッバース (ムハンマドの叔父)|アッバース]]の子孫を[[カリフ]]とし、最盛期にはその支配は西は[[イベリア半島]]から東は[[中央アジア]]まで及んだ。アッバース朝では[[アラブ人]]の特権は否定され、すべての[[ムスリム]]に平等な権利が認められ、[[イスラーム黄金時代]]を築いた。
 
東西交易、農業灌漑の発展によってアッバース朝は繁栄し、首都バグダードは[[産業革命]]以前における世界最大の都市となった<ref>宮崎正勝・著 『イスラム・ネットワーク アッバース朝がつなげた世界』、1994年</ref>。また、バグダードと各地の都市を結ぶ道路、水路は交易路としての機能を強め、それまで世界史上に見られなかったネットワーク上の大商業帝国となった。
匿名利用者