「ジョン・クィンシー・アダムズ」の版間の差分

m
リンク切れ
(テンプレート、本文改変、カテゴリ改変)
m (リンク切れ)
アダムズは1817年から1825年まで[[ジェームズ・モンロー|モンロー]]政権で国務長官を務め、その任期はフロリダ獲得の手段となった。彼の意見は通常モンローによって支持された。国務長官として彼は[[アダムズ=オニス条約]]でスペインと交渉し、[[モンロー主義|モンロー・ドクトリン]]を起草することでアメリカ大陸とヨーロッパ大陸間の相互不干渉を提唱した。アダムズはイギリスと奴隷売買に対しての共同パトロールの交渉を行ったが、それは上院が希薄化し、結局は拒絶された。
 
1821年の独立記念日にアダムズは、[[イスパノアメリカ|中南米諸国]]によるスペインからの独立運動に対するアメリカ合衆国の支援を支持した人々に応じて、アメリカ合衆国の政策は精神的な援助であるというスピーチを行ったが、独立運動に代わっての武力干渉は行わなかった<ref>[http://archive.is/20120711040025/findarticles.com/p/articles/mi_7052/is_/ai_n28547577 Francis Sempa essay]</ref>。そして、アメリカは「破壊する怪物を求めて海外には行かない。」と述べた<ref>[http://www.presidentialrhetoric.com/historicspeeches/adams_jq/foreignpolicy.html Adams speech July 4, 1821]</ref>。[[ナポレオン戦争]]の後、スペインはアメリカにおける植民地の大部分を失った。植民地の多くが反乱を起こし、独立を宣言した。彼らはスペイン船を攻撃するための私掠船をアメリカの港を利用して整備し、その実行は[[ヘンリー・クレイ]]によって守られた。クレイはモンローとアダムズを用心深い日和見主義者として批難した。
 
フロリダは依然としてスペイン領であったが、スペインの影響は小さく[[黒人]][[逃亡奴隷]]と[[インディアン]]の避難所となった。スペインはこれに関与していなかったものの、モンローは[[アンドリュー・ジャクソン]]将軍を派遣した。ジャクソンは[[セミノール|セミノール族]]を[[大量虐殺]]して南に追いやり、彼らに武器を供給していた二名のイギリス人商人を処刑、スペイン知事を追放してアメリカ軍守備隊を占領のため駐留させた。ジャクソンは自らの行動に[[ワシントンD.C.]]からの同意があった
4,140

回編集