「三次方程式」の版間の差分

m
として両辺を 8''a''<sup>3</sup> で割り、三倍角の公式より得た式と比較すれば
: <math> \cos 3 \alpha = {b \over 2a}</math>
: <math> \alpha = {1 \over 3} \arccos {b \over 2a} </math><
: <math> x = 2a \cos \alpha = 2a \cos \left({1 \over 3} \arccos {b \over 2a}\right)</math>
という解が得られる。この解のことを'''ビエタの解'''という。