「鍼医」の版間の差分

編集の要約なし
'''鍼医'''(はりい)は、明治時代初期まで[[鍼]]を使って治療行為を行う職業およびその職業に従事していた人の名称。現在は[[はり師]]または[[鍼灸師]]と呼ばれる。
 
本来は、治療に使う[[鍼]]を制作する人のことを「鍼師(はりし)」といい、治療をする人は鍼医であった。しかし[[明治政府]]の[[厚生]]政策で[[西洋医学]]を学んだ医師優先の中、鍼治療は否定医療というよりも[[視覚障害者]]の職業として残され、また[[医師法]]で、[[医師]]以外の者が広告・看板等で医の文字を使う事を禁じたため、現在では死語になっている。
 
== 関連項目 ==
*[[灸医]]
*[[鍼灸医]]
*[[東洋医学]]
1,667

回編集