メインメニューを開く

差分

m
編集の要約なし
'''ジャン・バティスト・ボリ・ド・サン=ヴァンサン'''(Jean Baptiste Bory de Saint-Vincent、[[1778年]][[7月6日]]-[[1846年]][[12月22日]])は、[[フランス]]の[[博物学]]者である。名前は、ジャン・バティスト・マルスラン("Jean Baptiste Marcellin")やジャン・バティスト・ジョルジュ・マリー("Jean Baptiste George Marie")とも伝わっている。
 
彼は[[アジャン]]で生まれた。[[ニコラ・ボーダン]]の率いる1798年の[[オーストラリア]]への探検旅行に参加したが、[[モーリシャス]]に停泊する船に残され、[[レユニオン]]や[[インド洋]]のその他の島の探検に2年間を費やした。帰国時は陸軍に合流し、[[ウルムの戦い]]と[[アウステルリッツの戦い]]に参加した。1808年には[[ニコラ=ジャン・ド・デュ・スールト]]とともに[[スペイン]]を訪れた。1815年、彼は[[ナポレオン・ボナパルト]]を支持する[[ブルボン家]]派だを支持しなかった。その結果、ブルボン家が再興すると、彼は追放された。しかし数年後の1820年、彼はパリへの帰還を許された。1829年には、[[ペロポネソス半島]]への探検隊を率い、1839年には[[アルジェリア]]への探検隊の隊長を務めた。
 
彼は、''Dictionnaire classique d'histoire naturelle''の編集に参加した。また、1802年の''Essais sur les Iles Fortunees''や1803年の''Voyage dans les Iles d'Afrique''、1821年の''Voyage souterrain, ou description du plateau de Saint-Pierre de Maestricht et de ses vastes cryptes''、1827年の''Voyage souterrain, ou description du plateau de Saint-Pierre de Maestricht et de ses vastes cryptes''、1838年の''Resume de la geographie de la Peninsule''等の自身の著書の中で、[[多元発生説]]の観点を受け入れている<ref name=Thomson>Ann Thomson, [http://www.cromohs.unifi.it/8_2003/thomson.html Issues at stake in eighteenth-century racial classification], ''Cromohs'', 8 (2003): 1-20 {{en icon}}</ref>。
44,181

回編集