「内舎人」の版間の差分

m
関連項目
m編集の要約なし
m (関連項目)
'''内舎人(うどねり)'''は[[律令制]]における官職のひとつ。[[中務省]]に属する。『[[和名抄]]』では「'''うちとねり'''」と記載されている。「'''うどねり'''」は略称である。
 
『[[大宝令]]』では帯刀宿衛、供奉雑使、駕行時の護衛と[[天皇]]の身辺警護にあたった。詰め所は中務省の東北隅。定員は90人であったが、時期により増減がある。内舎人から選抜された者が[[摂政]]、[[関白]]の随身を務めたこともあり、これを'''[[内舎人随身]]'''と呼ぶ。[[四位]]以下[[五位]]以上の子弟から選抜された。
 
[[武士]]が登場すると武士が任ぜられることが多くなる。[[源氏]]で内舎人に任ぜられた者は'''源内'''、[[平氏]]で任ぜられた者を'''平内'''、[[藤原氏]]で任ぜられた者を'''藤内'''と呼んだ。
 
*[[日本の官制]]
*[[近衛兵]]
 
{{history-stub}}