「カエスーラ」の版間の差分

m
m (ボット: 言語間リンク 23 件をウィキデータ上の d:Q247417 に転記)
[[image:Music-caesura.png|thumb|100px|left|現代西洋音楽の表記法のカエスーラ]]
{{文学}}
{{Portal クラシック音楽}}
[[詩]]の[[韻律 (韻文)|韻律]]において、'''カエスーラ'''('''中間休止'''、'''休止'''、'''句切れ'''、'''caesura''' or '''cesura''', 複数形:'''caesurae''')は、詩行の中間にある、耳で聞き取れる休止のこと。ほとんどの場合、カエスーラは朗読の中で休止を引き起こす[[約物]](コンマ「,」、[[セミコロン]]「;」、[[句点]]「.」、[[ダッシュ (記号)|ダッシュ]]「-」など)によって示される。しかし、カエスーラを起こすのに必ずしも句読点は必要ではない。
337,889

回編集