「ウィリアム・マッキンリー」の版間の差分

編集の要約なし
|unit=[[:w:en:23rd Ohio Infantry|第23オハイオ義勇歩兵連隊]]
}}
'''ウィリアム・マッキンリー・ジュニア'''('''{{lang-|en-short|William McKinley, Jr.}}''', [[1843年]][[1月29日]] - [[1901年]][[9月14日]])は、第25代[[アメリカ合衆国大統領]]。最後の[[南北戦争]]従軍経験者の大統領であり、[[19世紀]]最後かつ[[20世紀]]最初の大統領。
 
[[1880年代]]までにマッキンリーは[[共和党 (アメリカ)|共和党]]の全国的指導者であった。彼の選挙戦のテーマは、[[1890年]]の[[マッキンリー関税]]に代表されるような、繁栄のための公式として高率輸入関税を導入することであった。[[1896年]]の大統領選における共和党候補として、彼は対抗馬の民主党候補[[ウィリアム・ジェニングス・ブライアン]]に対して[[金本位制]]を掲げ、人種間での多元論を促進した。彼の選挙戦は[[マーク・ハンナ]]によって指揮され、新たな選挙戦の広告スタイルを導入し、キャンペーン技術は最大のライバルであるウィリアム・ジェニングス・ブライアンを打ち破った。[[1896年アメリカ合衆国大統領選挙|1896年の大統領選]]は「{{仮リンク|進歩の時代|en|Progressive Era}}」の始まりを示した再編の選挙であるとしばしば考えられる。
82

回編集