「電子防護」の版間の差分

m
編集の要約なし
(移動に伴う変更。)
m
{{Pathnav|電子戦|電子防護|frame=1|hide=1}}
'''電子防護'''({{Lang-en|Electronic Protection, '''EP'''}})は、敵の[[電子攻撃]]に対抗して、味方の[[電磁スペクトル]]使用を確保・防護するための活動のこと。以前は'''対電子対策'''({{Lang-en-short|Electronic Counter-Counter Measures, '''ECCM'''}})と称されており、また[[陸上自衛隊]]では防御的電子戦とも称される<ref name="電子戦の技術">{{Cite book|和書|author=デビッド・アダミー|year=2013|title=電子戦の技術 基礎編|publisher=[[東京電機大学]]出版局|isbn=978-4501329402}}</ref>。
 
対電子妨害手段とは電磁波の使用を確実にするため、敵の電子妨害手段 (ECM) (ECM)に対抗する方法。ECCMは敵が電子妨害活動を行っているときに、味方の電子機器を機能させるために用いる戦法と機材からなる。
 
== 参考文献 ==
14,174

回編集