「カラコルム山脈」の版間の差分

編集の要約なし
[[ファイル:Karakoram Nasa.JPG|thumb|250px]]
'''カラコルム山脈'''(カラコルムさんみゃく)は、[[パキスタン]]・[[インド]]・[[中国]]の国境付近に横たわる山脈である。アジアの大きな山塊の一部として広義の[[ヒマラヤ山脈]]などと同一のもとして語られることも一部であるが、狭義のヒマラヤ山脈とは独立した山脈である。[[氷河]]の多くが[[瓦礫]]に覆われている。カラコルムとは[[トルコ語]]で「黒い砂利」という意味である。
 
カラコルム山脈には世界第2位の[[K2]]を筆頭に60座以上の標高7000m以上の山が存在している。これらは主にパキスタンの[[北方地区]]([[パキスタン]]名: [[ギルギット・バルティスタン州]])に集中している。山脈の長さは500kmに亘り、[[極地]]を除けば世界最大の[[氷河]]地帯もある。70kmの[[シアチェン氷河]]と63kmの[[ビアフォ氷河]]は、極地を除けば世界で2・3番目に長い氷河である(最長は[[タジキスタン]]の{{仮リンク|フェドチェンコ氷河|en|Fedchenko Glacier}}(77km)である)。