「パンゲア大陸」の版間の差分

m
編集上の改良
(→‎大陸の形態: 誤植訂正。ユーラシア大陸 ー: ローラシア大陸。ついでに,細かい誤りを修正。)
m (編集上の改良)
 
== 大陸移動説 ==
[[1912年]]に[[アルフレート・ヴェーゲナー]]が自身の[[大陸移動説]]によって、現在の諸[[大陸]]が分裂する前にひとつであったと[[仮説]]提唱し、
ギリシャ語で「すべての[[陸地]]」という意味で、この仮説[[大陸]]を「パンゲア大陸」と命名した。
 
 
== 概要 ==
[[古生代]][[ペルム紀]]の終わりである2億5000万年前ごろに、[[ローレンシア大陸]]、、[[バルティカ大陸]](ローレンシア・バルティカ両大陸は既に[[デボン紀]]には衝突し、[[ユーラメリカ大陸]]を形成していた)、[[ゴンドワナ大陸]](ペルム紀初期にはユーラメリカと衝突)、[[シベリア大陸]]などすべての大陸が次々と衝突したことによって誕生し、[[中生代]][[三畳紀]]の2億年前ごろから、再び分裂を始めた<ref>『科学雑学辞典』によると、ヴェーグナーはパンゲア大陸は3億年ぐらい前までには存在し、その後分裂して数百万年かかって現在の大陸の形になったと主張していた。</ref>。
 
超大陸の完成時、地球内部から[[プルームテクトニクス#ホットプルーム|スーパープルーム]]が上昇して世界各地の火山活動が活発になり、[[ペルム紀]]と[[三畳紀]]の境界([[P-T境界]])に当時生きていた[[古生代]]の海洋生物種のうち、実に95%以上が絶滅した。
 
当時の海水準は高かったため、大半の時代は、浅海によりいくって幾つかの陸塊に分かれていた。
 
== 大陸の形態 ==
パンゲア大陸は[[赤道]]をはさんで三日月型に広がっていた。三日月内部の浅く広大な内海であるテチス海では多くの海洋生物が繁殖した。その一方、内陸部は海岸から遠いため乾燥した[[砂漠]]が荒涼と広がっていた。ほぼすべての大地が地続きで動植物の移動が促進されたため、[[生物多様性]]は現在よりも乏しく均質だった。
 
1億8000万年前の[[ジュラ紀]]になると、南北に分裂し、北は[[ローラシア大陸]]、南は[[ゴンドワナ大陸]]となった。両大陸は更に分裂していった。
 
パンゲア大陸にはもう一つの形がある。それは,三日月型ではなく丸くなっているという説ある。上記地図の[[ローラシア大陸]]の凹みと[[オーストラリア大陸]]の凸部が丁度つながっていたともされる。
 
== 出典・脚注 ==
230

回編集