「鑿」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
鑿は刃の付いた金属部分と柄からなる。刃の付いた金属部分のうち、先端の太くなっている部分を「穂(穂先)」、柄とつながり細くなっている部分を「首」といい、柄とは口金で固定されている。
 
刃は軟鉄と鋼でできていることが多いが、全は青紙や白紙鋼が使われものもある。
 
また全て鋼のものもある。
 
日本でも刃がすべて鋼のものはあるが外国では日本と比べると一般的な材料の物である。
 
鑿には刃先の形状により、'''平鑿'''(ひらのみ)、'''丸鑿'''(まるのみ)など各種ある。日本国外のものは、刃先に行くほど広がり、[[日本]]のものは穂先の部分の幅が一定のものが多い。
131

回編集