「マンガルール」の版間の差分

編集の要約なし
|備考 =
}}
'''マンガロール'''([[トゥル語]]:ಕುಡ್ಲ, Kudla; [[カンナダ語]]:ಮಂಗಳೂರು, Mangalūru; [[英語]]:Mangalore)とは[[インド]]・[[カルナータカ州]]にある[[港湾]][[都市]]である。東は[[西ガーツ山脈]]が迫り、西は[[アラビア海]]に面している。マンガロールは英語読みで、現地音では'''マンガルール'''のほうが近い。
 
==歴史由来==
[[Image:Mangaladevi (Commons).jpg|thumb|left|upright|マンガロールの名称の由来となったマンガラデーヴィー女神]]
マンガロールの名前は地元で信仰を集めている[[ヒンドゥー教]]の[[女神]][[マンガラデーヴィー]]からており、同名の寺院[[マンガラデーヴィー寺院]]([[:en:Mangaladevi Temple|Mangaladevi]])もある。
[[File:Mangalorefort1783.jpg|left|thumb|250px|[[マンガロール城]]([[1783年]])]]
[[カンナダ語]]州である[[カルナータカ州]]に属するが、住民は[[トゥル語]]を話し、トゥル語話者の中心的な都市となっている。
マンガロールの名前は地元で信仰を集めている[[ヒンドゥー教]]の[[女神]]、[[マンガラデーヴィー]]から来ており、同名の寺院[[マンガラデーヴィー寺院]]([[:en:Mangaladevi Temple|Mangaladevi]])もある。
 
==歴史==
[[イブン・バットゥータ]]も訪れるなど重要な港湾であったため古来、多くの王朝が覇を競ったが、[[1763年]]に[[マイソール王国]]の[[ハイダル・アリー]]が[[ケラディ・ナーヤカ朝]]を滅ぼした際、マンガロールの支配も移った。
[[File:Mangalorefort1783.jpg|left|thumb|250px|[[マンガロール城]]([[1783年]])]]
([[1783年]])]][[イブン・バットゥータ]]も訪れるなど重要な港湾であったため古来、多くの王朝が覇を競ったが、[[1763年]]に[[マイソール王国]]の[[ハイダル・アリー]]が[[ケラディ・ナーヤカ朝]]を滅ぼした際、マンガロールの支配も同国に移った。
 
マンガロールはその後、マイソール王国の外港として使用されたが、[[1767年]]には[[イギリス]]の支配下となった。
 
しかし、[[1783年]]にはハイダル・アリーの息子[[ティプー・スルターン]]が[[第二次マイソール戦争]]でこの地を奪い、再び外港として使用されることとなった。
 
[[1792年]]にイギリスが[[第三次マイソール戦争]]でティプー・スルターンを破り、[[シュリーランガパトナ条約]]でこの地を割譲させると、[[1947年]]のインド独立までイギリス領[[マドラス管区]]に属することとなった。
 
独立後は国道17号線や[[インドの鉄道|鉄道]]も整備され、海上のみならず陸上交通の要所ともなっている。
 
==住民==
[[カンナダ語]]州である[[カルナータカ州]]に属するが、住民は[[トゥル語]]を話し、トゥル語話者の中心的な都市となっている。
 
==名物==