「エレウシス」の版間の差分

編集の要約なし
m (アクセント位置修正)
編集の要約なし
{{Infobox Greek Dimos
'''エレウシス'''({{lang-el|Ελευσίνα}} <small>エレフシナ</small>、{{lang-grc|Ἐλευσίς}} <small>エレウシス</small>)とは、古代[[ギリシア]]の[[アテナイ]]に近い小都市。[[ギリシア神話]]に登場する女神[[デーメーテール]]の祭儀の中心地として知られる。また、古代の[[悲劇]]詩人[[アイスキュロス]]の生誕地でもある。
|name = エレフシナ<br /><small>(エレウシス)</small>
|name_local = Ελευσίνα
|image_map =2011 Dimos Elefsinas.png
|image_skyline = Eleusis.JPG
|caption_skyline = テレステリオン(秘儀堂)跡
|lat_deg = 38
|lat_min = 02
|lon_deg = 23
|lon_min = 32
|elevation_min =
|elevation_max =
|periph = [[アッティカ]]
|prefec = [[西アッティカ県]]
|municipality = エレフシナ
|municunit =
|population_as_of = 2011年
|pop_municipality = 29902
|area_municipality = 37.1
|pop_municunit = 24901
|area_municunit = 97.1
|pop_community = 18.5
|postal_code =
|area_code =
|licence =
|website = www.eleusina.gr
}}
'''エレウシス'''({{lang-elgrc|Ελευσίνα'''Ἐλευσίς'''}} <small>エレフシナ</small>、 {{lang|el-grcLatn|Ἐλευσίς''Eleusis''}} <small>エレウシス</small>は、古代[[ギリシア]]の[[アテナイ]]に近い小都市。[[ギリシア神話]]に登場する女神[[デーメーテール]]の祭儀の中心地として知られる。また、古代の[[悲劇]]詩人[[アイスキュロス]]の生誕地でもある。
 
現在は'''エレフシナ'''([[現代ギリシャ語]]: {{lang|el|'''Ελευσίνα'''}} / {{lang|el-Latn|''Elefsina''}})と呼ばれる。[[ギリシャ共和国]][[アッティカ|アッティカ地方]]に属する[[基礎自治体]]([[ギリシャの地方行政区画#ディモス|ディモス]])であり、[[西アッティカ県]]の県都である。
== エレウシスの秘儀 ==
[[ファイル:Eleusis.JPG|thumb|250px|right|テレステリオン(秘儀堂)跡]]
 
== エレウシスの秘儀 ==
デメテルの祭儀はエレウシスの祭儀、または'''エレウシスの秘儀'''と呼ばれ、[[古典古代]]時代最もよく知られた秘儀のひとつであり、しばしば単に「秘儀」として言及されることもある。エレウシスの秘儀は[[紀元前1700年]]頃[[ミケーネ文明]]の時代に始まったと言われている。マーティン・P・ニールソンはこの秘儀が「人を現世を超えて神性へと到らせ、業の贖いを保証し、その人を神と成し、その人の不死を確かなものとなす」事を意図されていたと述べている。