「グローバル・レスリング連盟」の版間の差分

編集の要約なし
また、かつては[[日本プロレス|日本プロレス協会]]が存在していたのだが、そこから[[全日本プロレス]]、[[新日本プロレス]]に分裂して以降、[[ジャイアント馬場]]・[[アントニオ猪木]]の意向の違いなどから、両団体の交流は殆ど行われてこなかった(第三の団体・[[国際プロレス]]は両団体と交流していたが、[[1981年]]に崩壊している)。
 
このことから[[2006年]]8月、ZERO1-MAX(現・[[ZERO1|ZERO1-MAX]](現:ZERO1)を運営する[[ファースト・オン・ステージ]]の[[中村祥之]]社長(当時)が、友好関係にある[[プロレスリング・ノア]]・[[仲田龍]]取締役渉外部長(当時)に相談。対してノア側は、「海外戦略などは独自に行おうと思っていたが、プランとして重複する部分があるので、一緒にやろうと思った」とコメントし、統一機構設立への機運が一気に高まった(尚、プランを考案した中村は「不要な争いを排除し、協力できる部分は協力していきたい。それがプロレスの発展になる。3月から各団体と交渉してきた」と述べている)。
 
こうして2006年9月12日にグローバル・レスリング連盟(GPWA)は正式に発足した。初代会長には[[三沢光晴]]・ノア代表取締役社長が就き、事務局長はFOS代表の中村が務めることとなった。また理事は各加盟団体の所属選手の持ち回りとなり、活動資金は加盟団体から出資するわけではなく、GPWA独自で興行などを開き、その利益をプールする形となった。同時に正式な本部の場所が決まるまでの間、FOS事務所を仮の本部とすることも発表された。
* [[ワールド・リーグ・レスリング|WLW]]([[ハーリー・レイス|Harley Race]]代表)
* [[ROH]](Cary Silkin代表)
* [[EWA (プロレス)|EWA]](Chris Raaber代表)
* [[WORLD-1]]([[スティーブ・コリノ|Steve Corino]]代表)
 
匿名利用者