「マイネルト基底核」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
DorlandsSuf = 12580484 |
}}
'''マイネルト基底核'''(まいねるときていかく、Nucleus basalis of Meynert(NBMと省略))は、'''新皮質へ広く投射する前脳基底核'''部無名質にある[[ニューロン]]群である。[[アセチルコリン]]して知られてその合成酵素であるコリンアセチルトランスフェラーゼを多く含んでいる。
新皮質へ広く投射する前脳基底部無名質にある[[ニューロン]]群であり、[[アセチルコリン]]とその合成酵素であるコリンアセチルトランスフェラーゼを多く含んでいる。
 
== 臨床的意義 ==
この核は[[パーキンソン病]]や[[アルツハイマー病]]で変性する。により[[アセチルコリン]]産生低下する。[[アルツハイマー病]]、[[レビー小体型認知症]]や精神的活動や記憶の減退を来す[[パーキンソン病]]などで見られる。[[認知症]]に対する多くの薬物治療は、低下したNBMの機能をアセチルコリンレベルを増加させることによって代償することに焦点が当てられている。
 
 
94

回編集