「スーパーバイザー」の版間の差分

編集の要約なし
 
コールセンター専業の会社(以下、専業会社)においては、専業会社の社員がスーパーバイザーを務めるのが一般的であるが、専業会社に電話業務を委託した企業の社員が務めることもある。一般にオペレーターの経験を十分に積んだスタッフが昇格しスーパーバイザーとなる。ただし、専業会社では初めからスーパーバイザー職として採用される者もいる。
 
近年では、派遣会社から派遣されるスーパーバイザーも多く「品質向上」「環境改善」「運営管理」など多岐に渡り、それぞれの経験者を求める企業も多くある。
コールセンターによって「SV」という役職の定義はさまざまで、クレーム対応だけするSV、エスカレーション(オペレータでは判断出来ない質問は対応方針)だけ受けるSVも存在する。
専業業者などで初めからスーパーバイザー職になった人材に多い傾向でもある。
コールセンターの運営方針にもよるが、顧客とオペレータの中間に立てる人材が望ましいという企業もある。
 
==コンピュータ用語としてのスーパーバイザー==
匿名利用者