「ロクリスのティマイオス」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
'''ロクリスのティマイオス '''Τίμαιος (''Timaios'', 紀元前5世紀 - 4世紀)は、[[プラトン]] (''Platon'', 紀元前427頃–347頃)の著作『[[ティマイオス]]』と『[[クリティアス (作品)|クリティアス]]』に登場する哲学者・政治家である。
 
== 『ティマイオス』・『クリティアス』での記述 ==
『ティマイオス』、『クリティアス』によると、ティマイオスは[[アテナイ]]のパンアテナイア祭(7月頃)の最中に、[[シラクサ|シュラクサイ]]の政治家[[ヘルモクラテス]](''Hermokrates'', 紀元前450頃-408/407)、アテナイ人[[クリティアス (プラトンの曽祖父)|クリティアス]] (''Kritias'', 紀元前500頃-420)らと共に、[[ソクラテス]](''Sokrates'', 紀元前470頃-399)の客人として招待されている。この対話の設定年代として考えられる紀元前421年頃、南イタリアのロクリスは[[シラクサ|シュラクサイ]]と同盟関係にあったが、後にシュラクサイの[[僭主]]ディオニュシオス1世により、シュラクサイへ併合されてしまう。
 
ティマイオスはイタリア南部の都市国家ロクリスの重要な地位の人物で、財産・家柄ともに優れ、数学・天文学を初めとする自然科学にも精通していると[[ソクラテス]]によって讃えられている。また『ティマイオス』の作中で、[[ピュタゴラス学派]]的な宇宙論を展開しており、作品の題名になるほど主要な役割を果たしている。但しプラトンの作品と脚注本以外に言及している文献が存在しないため、実在が疑われている。