「スタジオジャイアンツ」の版間の差分

 
== 概要 ==
初代社長の角谷哲生は古沢日出夫が創業した日動新プロ出身の[[アニメーター]]である。日動新プロは[[東映アニメーション|東映動画]]系のスタジオで、角谷は[[木村圭市郎]]の指導『[[ゲゲゲの鬼太郎 (アニメ)|ゲゲゲの鬼太郎]]』『[[あかねちゃん]]』など東映動画作品の原画・動画でキャリア重ねた担当し、経験を積んだ。そして、1975年に『[[ルパン三世 (TV第2シリーズ)|ルパン三世(TV第2シリーズ)]]』の仕事仲間だった安東信悦らと[[原画]]作業を行なうスタジオとしてスタジオジャイアンツを設立し、翌1976年には構えた動画部門はスタジオライオンズ(雷音頭)と称した。
 
スタジオジャイアンツは、[[土田プロダクション]]とその後身にあたる[[スタジオコメット]]、それに[[プロダクション リード|葦プロダクション]]からの受注を仕事の中心としてた。特に葦プロダクションのテレビアニメ『花の魔法使いマリーベル』と『ジャンケンマン』は実質的な制作会社の役割を果たしたとされる。1990年代後半から以降葦プロダクションから派生した制作会社[[ジーベック (アニメ制作会社)|XEBEC]]の仕事を主とした。
 
2000年にはCG部門としてStudio GAOHを立ち上げCG作品にも対応するようになった。
 
2012年1月には角谷哲生が急逝したため、長男である角谷浩(CG部署担当)が同年4月より2代目社長に就任した。角谷が[[東京デザイナー学院]]の講師だった関係で、所属もしくは在籍していた人物には同校の出身者が多い。
 
[[絵コンテ]]担当者などの名義(法人[[ペンネーム]]、ハウスネーム)として、'''どじゃが げん'''(土蛇我 現、DOJAG-A-GEN)を使用している。スタジオジャイアンツの公式サイトでは、どじゃがげんのプロフィールは所属演出家である[[日下直義]]のものとなっている<ref>{{Cite web|url=http://www.studio-giants.info/kusaka.html|title=スタッフ 土蛇我 現||publisher=スタジオジャイアンツ|accessdate=2014-04-21}}</ref>。
匿名利用者