「ベン・ホーガン」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
m編集の要約なし
ホーガンはその現役時代における最強のゴルファーで、かつ、ゴルフ史を通じても屈指のプレーヤーに数えることができるというのが、彼に対する大方の評価である(まず間違いなく史上最高の選手であると評価する声すらある)。
 
鋭い眼光から「The Hawk (鷹)」、透徹冷静なことプレイスタイルから「アイスマン」、[[ベン・クレンショウなど]]らと区別して「ビッグ・ベン」などの異名をもつホーガンは、確かなゴルフの技術に裏打ちされた強固な意志と果敢な決断力を持っていたため、しばしば対戦相手を身動きできないほどに畏縮させたと伝えられる。また、ホーガンは競技中、ほとんど言葉を発することがなかったともいわれる。
 
身長5フィート7インチ(約170 cm)、体重140ポンド(64 kg)と ゴルファーとしては決して体格に恵まれなかったが、ドライバーの飛距離は出る方で、プロになりたての頃はドライビング・コンテストにも出場していた。また、ホーガンは左利きであったが、ゴルフでは右打ちであった。[[1938年]]から[[1959年]]の間、ホーガンの選手生活は[[第二次世界大戦]]や致命的とも思われた自動車事故で中断されたにもかかわらず、プロゴルフのトーナメントで64勝を達成している。
 
[[1948年]]のみで、ホーガンはトーナメント10勝を稼いだ。しかし、翌[[1949年]][[2月2日]]、自殺した父チェスターの64回目の誕生日に彼を悲劇が襲う。自動車を運転中、バスとの正面衝突により瀕死の重傷を負ったのである。骨盤の複雑骨折、鎖骨、左足のくるぶし、肋骨の各骨折に加え、身体各所に血栓ができ、彼は生涯にわたって循環器系を始めその他肉体的な制約を背負うことになる。当時の主治医は、競技ゴルフに参加することはもちろん、2度と歩くことすらできないのではとの診断を行った。
 
この[[1949年]]の事故の前には、ホーガンは当時のゴルフ界を支配する選手といっても過言ではなかったにもかかわらず、おせじにも観客たちの心を捉えて離さないような人気プレーヤーとはいえなかった。これは、おそらく彼がコース上で、どこか冷徹で、超然とした人柄に見えたせいである。