「ネルウァ」の版間の差分

98年、4度目の執政官任期中にネルウァ帝は脳卒中で倒れ<ref name="victor-caesaribus-12-10">Aurelius Victor (attrib.), ''Epitome de Caesaribus'' [http://www.roman-emperors.org/epitome.htm 12.10]</ref>、1月28日に熱病により別荘で病没した<ref name="jerome-chronicle-275">Jerome, ''Chronicle'', Romans, p275</ref><ref name="victor-caesaribus-12-11">Aurelius Victor (attrib.), ''Epitome de Caesaribus'' [http://www.roman-emperors.org/epitome.htm 12.11]</ref>。直ちに元老院はネルウァ帝を神格化する決議を行い<ref name="jerome-chronicle-275"/>、遺骸は火葬にされた後にアウグストゥス廟へ遺灰が埋葬された<ref name="victor-caesaribus-12-12">Aurelius Victor (attrib.), ''Epitome de Caesaribus'' [http://www.roman-emperors.org/epitome.htm 12.12]</ref>。
 
死に伴いトラヤヌスが帝位継承を宣言すると特に批判もなく元老院はこれを承認し、民衆も軍も熱狂してこれを支持した。[[ガイウス・プリニウス・カエキリウス・セクンドゥス|プリニウス]]によればトラヤヌス帝はネルウァ帝の死を悼むべく神殿を建設したというが<ref>Pliny the Younger, ''Panegyricus'' 11.1</ref>、遺跡は未だに発見されていない。またネルウァ帝の事跡を記録した記念通貨は死後10年後にまで発行されなかった。この事からトラヤヌス帝のネルウァ帝への忠誠を疑う意見もあるが、一方でトラヤヌス帝は自らの即位に活躍した{{仮リンク|カスペリウス・アエリアヌス|en|Casperius Aelianus}}を先帝の権威を辱めたとして宮殿から追放している<ref>Cassius Dio, ''Roman History'' [http://penelope.uchicago.edu/Thayer/E/Roman/Texts/Cassius_Dio/68*.html#5 LXVIII.5]</ref>。
 
== 略年表 ==
匿名利用者