「ペリリュー島」の版間の差分

編集の要約なし
m (小加筆)
北東にカープ島や[[ロックアイランド]]をはさんで旧首都[[コロール島]]や現首都[[バベルダオブ島]]があり、南西には[[アンガウル島]]が存在する。面積はおおよそ13km<sup>2</sup>、標高は最大で50m。[[ペリリュー州]]に属しており、同州の住民の多くがこの島に居住しており、州の中心となっている。島内にはKloulklubed、Ongeuldel、Imelechol、Lademisangの4つの村落があるが、Lademisang以外は北部に集中しており、多くの住民がKloulklubedに居住する。
 
[[第二次世界大戦]]時には[[太平洋戦争]]の[[マリアナ・パラオ諸島の戦い]]において[[ペリリューの戦い]]の中心地となり激しい戦闘が行われた<ref>なお、同時期に南西の[[アンガウル島]]でも[[アンガウルの戦い]]が行われている。</ref>島内で決戦を行った日米軍の遺構が多く残され、壊滅した旧[[日本軍]]の[[歩兵第2連隊|歩兵第2]]・[[歩兵第15連隊|第15連隊]]や[[艦船]]及び[[航空機]]、[[戦車]]、現地民間人等の戦没者墓苑がある。
 
== 交通 ==
島への交通は船や航空機があり、チャーターでの利用のほか、船は週に2度程度の頻度で定期便が出ている。飛行場としては太平洋戦争当時から存在する{{仮リンク|ペリリュー飛行場|en|Peleliu Airfield}}が利用されている。港は北部に存在するが、水深が浅いために寄港できるのは小型の舟に限られており、日本は港湾の整備のために無償資金協力を行っている<ref>{{citewebCite web|url=http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/17/rls_1219a.html|title=パラオの「ペリリュー州北港整備計画」に対する無償資金協力について|publisher=[[外務省]]|date=2005-12-29|accessdate=2014-06-03}}</ref>。第二次世界大戦時には北に隣接する[[ガドブス島]]と橋で結ばれていたが、戦闘で失われ現在はなくなっている
第二次世界大戦時には北に隣接する[[ガドブス島]]と橋で結ばれていたが、戦闘で失われ現在はなくなっている。
 
== 観光 ==
匿名利用者