「人工心臓」の版間の差分

m
 
=== 人工心筋 ===
心臓のポンプ機能を補うためには、「ポンプそのもの」を作成する必要はないという考え方がある。心臓は言わば樹脂の筒を握る事で動作する[[石油ポンプ]]のようなものであって、自己の筋肉で動作させなくとも、外部から押さえる・握る(いわゆる心臓マッサージ)だけでも、血液を循環させるポンプとして十分に機能する。メカニカルに心臓をマッサージする[[人工心筋]]や、[[再生医療]]による再生心筋シートの開発も試みられている。
 
==脚注==
261

回編集