「三部形式」の版間の差分

楽式 から分割
 
(楽式 から分割)
<!--この記事は[[楽式]]からの分割作業中です-->
#REDIRECT [[楽式]]
'''三部形式'''とは、全体が3つの部分から成っている[[楽曲]]の[[楽式|形式]]のことである。
 
典型的な[[二部形式]]の最初のaを省略すると、均等な3つの部分となるが、最も単純な三部形式はこのようにして得られる。
<table cellspacing=0 cellpadding=0>
<tr><td>
<table border>
<tr align=center>
<th colspan = 1>
</th>
<th colspan = 2>
</th>
</tr>
<tr align=center>
<td width=80>
a'
</td>
<td width=80>
b
</td>
<td width=80>
a'(")
</td>
</tr>
</table>
</td></tr>
 
<tr><td align=center>
</td></tr>
<tr><td>
<table border>
<tr align=center>
<th width=80>
</th>
<th width=80>
</th>
<th width=80>
A(')
</th>
</tr>
</table>
</td>
</tr>
</table>
:これらの表において、同じ記号(a'とa')は(メロディーが)同一であること、ダッシュ(')の有無は、それらが類似していること、異なる記号(AとB、aとb)は異なっていることを示す。
 
また、典型的な二部形式のB部分の各セクションを倍にしたものとして考えることのできる三部形式もあるが、原理は同じである。
<table border>
<tr align=center>
<th colspan = 2>
</th>
<th colspan = 2>
</th>
<th colspan = 2>
A(')
</th>
<tr align=center>
<td width=40>
a
</td>
<td width=40>
a'
</td>
<td width=40>
b
</td>
<td width=40>
b'
</td>
<td width=40>
a
</td>
<td width=40>
a'(")
</td>
</tr>
</table>
 
特異な形として、最初のメロディーが復帰しないものがある。
<table border>
<tr align=center>
<th width=80>
</th>
<th width=80>
</th>
<th width=80>
</th>
</table>
 
AとBAは、それぞれ次のように習慣的な反復記号が付けられることがある。
{|
|-
|[[画像:反復開始001.png|反復開始]]||A||[[画像:反復終了001.png|反復終了]]||B|| ||A||
|-
| ||A||align=right|[[画像:反復開始001.png|反復開始]]||B|| ||A||[[画像:反復終了001.png|反復終了]]||
|-
|[[画像:反復開始001.png|反復開始]]||A||[[画像:反復記号001.png|反復終了と反復開始が背中合わせの記号]]||B|| ||A||[[画像:反復終了001.png|反復終了]]
|}
これらの反復記号は、曲のタイプによっては、習慣的に、演奏時に反復を省いてよいとされているものがある。
17,621

回編集